三種類の予防薬

sleeping dog

フィラリアを予防するフィラリア予防薬には、大きく分けて3種類あります。
それぞれの予防薬ごとに違った特徴を持っているため、どの治療薬を利用するかは非常に重要です。
ペットによって得意不得意もあるため、自分のペットに合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。

この3種類というのは、一つが錠剤タイプ。これは私たち人間が利用する治療薬のような錠剤と変わりがないものになります。この錠剤タイプが苦手というペットもいます。苦手な場合、飲んだのに吐き出してしまうというようなこともあります。
おくすりを吐き出してしまえば、その効果を十分に得ることができなくなってしまいます。

そうした錠剤が苦手なペットのために生み出されたのがチュアブルタイプの予防薬です。
こちらは、おやつのようにして投与することができるよう、味付けや香りづけを行ったタイプなので錠剤が苦手でもチュアブルなら平気というペットもいます。ただ、味付けや香りづけが必要になるので、その分価格としては割高になってしまいます。

最期に紹介するのが、滴下タイプです。こちらは、肩甲骨のあたりに薬剤を滴下することによってフィラリアを防ぐ予防薬になります。
経口タイプの予防薬が苦手なペットには、こちらの滴下タイプが適しているといえます。こちらも、錠剤タイプに比べると少し高い価格設定となっています。

このようにそれぞれに特徴があります。最初に紹介した錠剤タイプは一般的な薬と違いはありません。ですが、その分料金面では一番安くなっているので、まずは錠剤タイプを試してみてダメならチュアブル、それでもだめなら滴下タイプというように順に利用してみるのが良いでしょう。